憎悪の言語:アレックス・ジョーンズが笑えないワケ

 昨日の映画『Assassination Nation』紹介記事に関連して、映画に劣らず怖い現実世界のサンプルを少々。

 現代アメリカの右翼的なパラノイアといえばこの人、ネット陰謀論番組「InfoWars」のホスト、アレックス・ジョーンズ(Alex Jones)。以下は、トランプ大統領就任一周年目の1月20日に抗議の意思表明として全米各地で再び行われた「女性たちの行進」(Women's March)をめぐって、「デモ参加者を逮捕しろ!」と彼が絶叫しているくだりを実際のデモの光景とミックスした風刺動画だが、「もはや笑えない」とのコメントが寄せられている。

 あからさまなでっち上げや自己矛盾にもかかわらず、そこで展開されている「奴らは我々を殺しに来る」「奴らは地上のクズだ」「軍を出動させろ」という憎悪のロジック(?)は「笑えない」のである。

Alex Jones calls for the arrest of people who oppose Donald Trump - Vic Berger

オースティン、ロサンゼルス、ニューヨークのデモ行進で、我々が話しかけたほとんど誰もが「我々はギロチンを用意する。保守派を殺すんだ。トランプとその一家を殺すし、お前たちを殺す」と言っていた。奴らはみんなをギロチンにかけて共産主義のユートピアを作ろうとしており、「保守派とクリスチャンを殺そう、奴らを殺そう」とうなずき合っている。何十万という連中が行進して、「我々はお前たちを殺す」とうなずき合っているんだ。……さて、奴らはもちろん誰も殺したりはしない。だが! 奴らはそうすることには賛成なのだ! 奴らは地上のクズなのだ! ここにいるのは、筋金入りの本物の権威主義者たちなのだ! 奴らは国を転覆させようとしており、反対派を投獄して拷問にかけ殺そうとしているのだ! 俺に言わせれば、最も安全な対処法は、トランプ大統領に軍隊を出動させて、奴らを逮捕してもらうことだ。我々は非常事態に置かれており、軍にあの連中を逮捕させなければならない。もしジョージ・ワシントンがこんな事態に直面していたら、あの連中を逮捕させているだろうとも。

【追記】(2018/02/01)

 ちなみに、アレックス・ジョーンズは同じ1月に、「トランプとは、ここ数ヵ月話していない。彼の電話に出損ねているんだ。〔……〕俺は朝早起きしないといけない、電話がかかってくるのはその時間なんだから。彼の executive time だ」とも発言している(Media Matters for America)。“executive time”(「重役のための時間」「ぜいたくな時間」などと訳せる)というのは、トランプ大統領が通例より執務開始を遅らせて、一人部屋でテレビを見たりツイッターをしたり友人に電話をかけたりしている朝の時間、の通称として報じられたもの(Axios)。ジョーンズはこういう人物なので、単なるデマカセの可能性もあるが、トランプもああいう人物なので、真偽どちらにしろ、想像するだけで悲惨な光景である。

(2018/02/01最終更新 ※追記と訳文の若干の修正)

0 件のコメント:

コメントを投稿

投稿されたコメントは管理人が承認するまで公開されません。